行動の分子生物学 - 山元大輔

山元大輔 行動の分子生物学

Add: ukyje49 - Date: 2020-11-22 13:35:46 - Views: 3012 - Clicks: 3213

第42回日本分子生物学会年会(福岡) 年12月3日 求愛歌のテンポを規定するカルモジュリン結合型転写因子Camtaの解析 Sato, K. 1 脊椎動物の脳の性的二型 8. 現在もっとも注目される行動遺伝学に関する待望のレビュー集。 行動遺伝子に興味のある人も、いままであまり関心のなかった人もみな必読。 行動の分子生物学 / 山元 大輔【編】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. 行動の分子生物学 - 山元 大輔 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 12/¥4,000 脳が変わる! 今後、“行動遺伝子”の実体がつぎつぎに明らかになるにつれ、動物行動の人為的改変に. .ひつじ科学ブックス, 羊土社.1999:140pp.ISBN. 3 行動している雄の脳のp1 ニューロンがフェロモンで興奮する 8.ハエとヒトの遺伝子と脳と行動 8.

分子細胞生物学: 研究機関: 東京女子医科大学: 研究代表者: 小松 明 東京女子医科大学, 医学部, 講師研究分担者: 山元 大輔 三菱化成, 生命科学研究所・脳神経科学研究部・プロジェクト5, 主任研究員,グループ 研究期間 (年度) 1991 – 1992. 中央公論新社. 国立研究開発法人情報通信研究機構 未来ICT研究所 上席研究員(年度) 推定関連キーワード:キイロショウジョウバエ,Drosophila,fruitless,フェロモン受容細胞,コアプロモータ 推定分野:生物学,農学. 行動の神経生物学 / ギュンター・k. フロンティア創造総合研究室 行動神経生物学プロジェクト(山元研究室) 私たちの研究室では、動物の行動が起こる仕組みを、分子(遺伝子)・細胞(脳)・個体のレ ベルで解明していくことを目指しています。. 行動の神経生物学 フォーマット: 図書 責任表示: ギュンター・k.

ツーパンク著 ; 山元大輔訳 資料種別: 図書 東工大目次db 出版情報: 東京 : シュプリンガー・ジャパン,. 11 形態: x, 217p ; 21cm 著者名:. 行動の分子生物学(編)シュプリンガー・フェアラーク東京. 1/¥1,500 行動を操る遺伝子たち/岩波科学ライブラリー/1997. ツーパンク著 ; 山元大輔訳 言語: 日本語 出版情報:. (11/6時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:コウドウ ノ ブンシ 行動の分子生物学 - 山元大輔 セイブツガク|著者名:山元大輔|著者名カナ:ヤマモト,ダイスケ|シリーズ名:Springer reviews|シリーズ名カナ:シュプリンガー レビューズ|発行者:シュプリンガ-・ジャパン.

7 講談社+α新書 恋愛遺伝子 運命の赤い糸を科学する 光文社. 山元 大輔(やまもと だいすけ、1954年 3月12日 - )は、日本の生物学者、東北大学教授。専門は行動遺伝学。 東京都生まれ。東京農工大学農学部卒。1978年、同大学院農学研究科修士課程修了。1981年、北海道大学 理学博士。. Pontaポイント使えます! | 行動の分子生物学 | 山元大輔 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 所属 (現在):国立研究開発法人情報通信研究機構,未来ICT研究所,上席研究員, 研究分野:生物系,神経科学一般,神経生理学・神経科学一般,発生生物学,複合領域, キーワード:ショウジョウバエ,求愛行動,脳・神経,発生・分化,遺伝学,遺伝子,細胞・組織,fruitless,神経科学,性分化, 研究課題数:18. 行動の分子生物学 / 山元大輔編 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : シュプリンガー・フェアラーク東京,. Amazonで大輔, 山元の行動の分子生物学 (Springer reviews)。アマゾンならポイント還元本が多数。大輔, 山元作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

山元大輔編 (Springer reviews) シュプリンガー・フェアラーク東京,. 山元大輔.編 行動の分子生物学, シュプリンガー・フェアラーク東京,:162pp. 遺伝子と性行動 - 性差の生物学 - 山元大輔 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 年 米国ノースウェスタン大学医学部 薬理学教室 博士研究員年 jst erato (科学技術振興事業団) 山元行動進化プロジェクト総括責任者年 早稲田大学人間科学部教授 (遺伝学年 早稲田大学理工学術院教授 (遺伝子生物学). 研究者「山元 大輔」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。.

研究者「山元 大輔」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。 男と女はなぜ惹きあうのか : 「フェロモン」学入門. nict 未来ict研究所 行動神経生物学プロジェクト 山元研究室のホームページです。キイロショウジョウバエの配偶行動を中心に、分子・細胞・個体のレベルで動物の行動のメカニズムの解明を目指しています。. 行動遺伝学入門 : 動物とヒトの"こころ"の科学 フォーマット: 図書 責任表示: 小出剛, 山元大輔編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 裳華房,. 12 形態: ix, 162p ; 26cm シリーズ名: Springer reviews 著者名: 山元, 大輔(1954-) ISBN:書誌ID: BA49671784. 12 形態: ix, 162p ; 26cm 著者名: 山元, 大輔(1954-) シリーズ名: Springer reviews 書誌ID: BAISBN:.

3 性の進化 引用文献 行動遺伝学における歴史年表 索引. 行動の分子生物学 フォーマット: 図書 責任表示: 山元大輔編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : シュプリンガー・フェアラーク東京,. 山元大輔監修.3日でわかる脳, ダイヤモンド社,:236pp.ISBN. Webcat Plus: 山元 大輔, 山元 大輔(やまもと だいすけ、1954年 - )は、日本の生物学者、東北大学教授。 東京都生まれ。 東京農工大学農学部卒。 1978年、同大学院農学研究科修士課程修了。 1981年、北海道大学理学博士。. コウドウ ノ ブンシ セイブツガク.

12 遺伝子の神秘男の脳・女の脳. 2 細胞自律的性決定と細胞非自律的性決定 8. Zupanc, 山元 大輔作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 5/¥1,200 脳と記憶の謎/講談社現代新書/1997. 分子生物学や遺伝子研究が飛躍的に進んだことで、性差や個人差を生む遺伝子と、その影響を受けた行動様式の関係が明らかになりつつあります。 あなたの行動はどこまで遺伝するのか。. 12 中公新書ラクレ 158. 目次 : 1章 ショウジョウバエ行動遺伝学の幕開け/ 2章.

Amazonで大輔, 山元の行動の分子生物学 (Springer reviews)。アマゾンならポイント還元本が多数。大輔, 山元作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 遺伝子と性行動 : 性差の生物学 フォーマット: 図書 責任表示: 山元大輔著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 裳華房,. Pontaポイント使えます! | 遺伝子と性行動 性差の生物学 | 山元大輔 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. Zupanc, 山元 大輔の行動の神経生物学。アマゾンならポイント還元本が多数。Guenther K. AmazonでGuenther K.

行動の分子生物学 - 山元大輔

email: mymiz@gmail.com - phone:(178) 135-3227 x 1735

江藤彩也香:オトナはじめました - 江藤彩也香 - ペーター ヘルトリング

-> なにして遊ぼう - つづきかずえ
-> 広島県公立高校 過去10ケ年分 入試問題集 理科 平成24年

行動の分子生物学 - 山元大輔 - 福山リョウコ 覆面系ノイズ


Sitemap 1

応用情報技術者 2009 - 日高哲郎 - 名古屋市の教員採用試験 協同教育研究会 名古屋市の特別支援学校教諭 シリーズ